スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

番長、歓迎す


ss08-001.jpg

番長 「ここは・・・墓場か?」

番長 「湿地帯の先にこんなところがあるとはのう」

ss08-002.jpg

番長 「ぬ!あすこに誰かおるぞ!」

ss08-003.jpg

教授「おや?君は・・・」

番長 「ラインハート教授ですかのう?」

教授 「もしや君もあの船の?」

番長 「ええ、ワシは一人違う場所に流されとったみたいでのう」

教授 「それはそれは、大変だったでしょう」

番長 「がっはっは!むしろ楽しんどるぐらいですわ!」

ss08-004.jpg

教授 「ところで、君はイカダ作りを?」

番長 「ええ、今はマストになりそうなものを探しとるんです」

教授 「それならこの先の十字路にそれらしいものがあるな」


教授 「案内しよう、ついてきなさい」

ss08-005.jpg

・・・この教授は出来た人物じゃのう

あすこの連中も不安にかられて
ああいった態度をとっていたのかもしれん
それを一人でまとめあげ、今日まで生かしてきたのか

なかなか出来ん、ワシもまだまだ青い・・・
この教授を見習わねばならんのう!




教授 「あれが見えるか?」

番長 「なるほど!あれなら使えそうじゃ!」



ガウガウガウ!!

ss08-006.jpg

番長 「ぬわ!」

番長 「や、やめんかキサマ!!」

ss08-008.jpg

キッ!


ビクッ

ss08-007.jpg

クーン クーン

ペロペロ

番長 「・・・ぬ?がはは!くすぐったいではないか!」

教授 (・・・なんと眼光ひとつで手懐けてしまうとは・・・)

番長 「よし、これでマストも手に入ったことだし、
一度戻って取り付けるとするかのう」


番長 「では教授、助かりましたわ!」

教授 「え、ああ、今度君のイカダを見せてもらっても?」

番長 「もちろん、ぜひお越し下され!では!」



ss08-009.jpg

番長 「ぬんっ!!」

ss08-010.jpg

番長 「なかなか立派なマストが出来たのう!がっはっは!」

ss08-011.jpg

教授 「やあ、もうマストを取り付けたのかい?」

番長 「おお、教授、さっそく来てくださったか!」

番長 「今日はワシのところで飯でもいかがです?」

教授 「それはありがたい、一度戻って伺わせてもらおう」

番長 「そうですか、ワシの家はこの先のラグーンですからのう」

教授 「なるほど、では後ほど」



さて、イカダの微調整をしたら戻るとするか!


ss08-012.jpg

番長 「ぬ?なんだか騒がしいのう?」

ss08-013.jpg

番長 「なるほど、連中を連れて来なさったのじゃな?」

教授、ますます出来たお人じゃのう!


ではさっそく、

ss08-014.jpg

腕を揮わせてもらいますかのう!


ss08-015.jpg

教授 「いや、皆で押し掛けてしまって申し訳なかった」

番長 「いえ、こんなに賑やかなのは久しぶりですわい!」

教授 「ところで、帆の方は何か考えが?」

番長 「いや、また何か探しにいこうかと思うとるんですが」

教授 「エロニという部族は草を編んでマットを作っているんだが」

教授 「それを応用して帆の代わりに出来ないかと思ってね」

番長 「なるほど、それはええ手かもしれんな」



ではさっそく、明日にでも必要な草を採りに行くとしよう!

ss08-016.jpg

すっかり懐いた毛玉。

今では一緒に暮らす仲に。








戻        家        次





FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。