スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有名人





また今日も退屈な一日が始まった。





そういえば昨日、屋上で逢ったあのヤロー。

”マジマ”とか言ったっけか・・・。



ナオト 「ああ、知ってるよ マジマでしょ?」

ジロー 「マジマ?」

ナオト 「確か隣のクラスの」

ジロー 「ふーん・・・つかなんでナオトが知ってんだ?」

ナオト 「入学早々、女子がカッコイイー☆って騒いでたもん」

ジロー 「・・・・・・チッ」

ユミ 「どっかの誰かさんとは大違いね」

ジロー 「・・・気にくわねえ野郎だ」






先生 「・・・で、ここでこの公式を当てはめるワケですね、はい」


ジロー 「クソッ・・・屋上の件、今度ケリつけてやる・・・」






ガラガラ!



リュウイチ 「邪魔するぜ」

アイガ 「ヒャッハー」

トグチ 「クククク」


先生 「ヒィ!」



リュウイチ 「先生さんよ、わりぃけどちょっと邪魔するぜ」

アイガ 「ヒャッヒャッヒャッ」

先生 「あ・・・あの・・・は、はい・・・」




生徒 「ひ・・・ひぃ・・・」

生徒 「何・・・?ふ、不良・・・?」

ナオト 「んあ?なんだなんだ?」




ユミ 「ジ、ジローちゃん!あの人たち昨日の・・・!」

ジロー 「・・・みてぇだな」




リュウイチ 「よお兄ちゃん」




リュウイチ 「テメーがジローとかいうふざけたガキか?」

ジロー 「・・・だったらどーだってんだよ?先輩」




リュウイチ 「じゃあなんでここに俺が来たかもわかってんよな?」




アイガ 「ヒャッヒャッヒャ」



トグチ 「クククク・・・」




ジロー 「・・・ああ・・・よーくわかってんよ」

リュウイチ 「ケッ・・・噂通り小生意気なガキだぜ」





リュウイチ 「放課後、屋上に来い わかったな?」



アイガ 「ヒャッハー!ビビってバックレんじゃねえゾぉ!??」

トグチ 「クククク」

リュウイチ 「用件はそれだけだ アイガ、トグチ、行くぞ」



リュウイチ 「邪魔したな、先生さんよ」

先生 「いやあの・・・は、はい・・・」



トグチ 「ケッケッケ!やっぱリュウイチさんは激シブッスよ!」

アイガ 「逃げんじゃねえぞ!ジローちゃんよお!!ヒャッヒャッヒャ!」




ガラガラッ



生徒たち 「・・・・・・」




先生 「・・・で、ではあのっ・・・じゅ、授業、続けましょう・・・か・・・」








ナオト 「・・・なーんか、面倒なことになってきたみたいだね」

ジロー 「ああ・・・」








なかなか退屈させねえじゃねえか、この学校もよ!!







戻        家        次





FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。