スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

策略





― 同時刻 部室裏 ― 






アイガ 「ヒャッヒャッヒャッヒャ!」

トグチ 「見ました?あのツラ!ボッコボコッスよ!?」


アイガ 「いやー、でもさすがリュウイチさん!」



アイガ 「あの罪を全部番長のクソヤロウに擦り付けるとは!」

リュウイチ 「ふっ・・・あの単細胞のことだ、ああ言っておけば
必ず番長に仕返しに行くはずだ」

トグチ 「読み通り、さっき3年の教室に殴り込んだらしいですよ!?」

リュウイチ 「ククク・・・バカなヤツめ!」



リュウイチ 「番長のクソゴリラにはあのクソガキも勝てないだろう」



リュウイチ 「そして、今回のことで番長のイメージもガタ落ち・・・」



リュウイチ 「そこでこの俺様が番長にとって代わろうって寸法よ!」

トグチ 「ヒャー!さすがリュウイチさん!」

アイガ 「この学校もリュウイチさんの天下ッスね!ヒャッヒャ!!」




マジマ 「へぇ~?なるほど、そういうわけか」



リュウイチ 「あ!?誰だ!!?」


アイガ 「コ、コイツ・・・!」



アイガ 「コイツ、飯栄中のマジマですよ!」

マジマ 「探したぜ?先輩♪」




マジマ 「これで納得したぜ ウチの番長は正義の番長って有名だからな」

リュウイチ 「ぐ・・・!」




リュウイチ 「テメーにゃ関係ねえだろうが!すっこんでろクソガキが!」




マジマ 「ま、確かにそーなんだけど」




マジマ 「目障りなんだよ、クソ蠅共がブンブンとよ」



リュウイチ 「テメー・・・やってやんぞこのクソガキがあ!!」




マジマ 「やってみろよ・・・? 雑魚どもが!!」








戻        家        次





FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。