スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

退屈?




ジロー 「・・・で、結局お前やったのはアイツらの独断だったんだよ」

ナオト 「んじゃあ番長は全然関係なかったってこと?」

ジロー 「そういうこと」

ナオト 「ふーん なるほどねー」




ユミ 「ジローちゃん!!」



ジロー 「おう、ユミ」

ユミ 「おう、じゃないわよ!心配したんだから!」

ジロー 「わりー わりー」

ユミ 「大丈夫だったの?あれから・・・って、酷い顔・・・」

ジロー 「るせー」



ジロー 「なんか話の流れで番長とタイマンになってよ」

ナオト 「結局番長はまったく関係なかったらしいけどね」

ジロー 「まあ、そうだけど」

ユミ 「じゃあ何で喧嘩してんのよ、バカ」

ジロー 「バカっていうな!」







ナオト 「んで・・・勝ったの?ジロー」



ジロー 「あ、あたりめーだろ!ラクショー!(あんまし覚えてねーけど)」

ナオト 「へぇー その顔で」

ジロー 「はは!見せてやりたかったぜ、俺の勇姿!」




ユミ 「でもそれじゃあまたあのアイガとかいう人達と・・・」

ジロー 「あ?それはもう、大丈夫みてーよ」

ユミ 「は?」

ジロー 「誰かさんが代わりに仇とってくれたみたいだからよ」





ジロー 「なあ?誰かさん?」





マジマ 「知らねーよ バカ」


ジロー 「素直じゃないねえ そのツラでよく言うぜ」

マジマ 「・・・チッ」




ガチャ!



番長 「おう 一年坊主、ここにおったか」

ジロー 「番長・・・!」

ナオト 「あ、あれが・・・番長・・・」






ユミ 「だ、だめだよ、ジローちゃん!」

ジロー 「あ?心配すんな、何もしねーよ」








ジロー 「よう 番長」

番長 「おう 一年坊主・・・いや、ジロー、じゃったな」

ジロー 「はは 少しは認めてもらえたみてえだな?」



番長 「スマンかった!この通りじゃ!!」

ジロー 「あん?何だよ、いきなり・・・」



番長 「話は全部聞いた」

番長 「今回の一件、全てワシの躾がなっとらんかった所為じゃ!」



番長 「そこにおるボンにも悪い思いさせてしもぉた」



番長 「そっちの兄さんにも手間かけてもろぉて」


番長 「全てワシの監督不行届きじゃ、スマンかった!




ジロー 「もういいって、俺も勘違いしちまって・・・悪かったな」

番長 「後でアイツらにはキツーくお灸すえておくけぇのう!」

ジロー 「そりゃー・・・効きそうだな・・・」

番長 「がっはっはっはっは!!」





ジロー 「ところでアンタ・・・」



ジロー 「昨日の今日なのに 顔の傷、全然残ってねえな」

番長 「がはは!あの程度の傷、1日もあれば治ってしまうわ!!」

ジロー 「・・・ば・・・バケモノかよ・・・」

番長 「がっはっはっはっはっは!」





番長 「じゃあ、世話になったのう!がっはっはっはっは!」







バタンッッ!!



ユミ 「ご、豪快な人ね・・・」

ジロー 「・・・まあ、これからのことはあの人に任せておけば大丈夫だろ」

ナオト 「なんか、ものすごく納得した」










ユミ 「えっと・・・じゃあ、これで全部終わり、ってこと?」

ナオト 「んー、そうみたい」

ジロー 「あーあ、また退屈な日々に逆戻りか」

ナオト 「木刀でひっぱたかれるよりマシだよ」

ユミ 「そうそう 学生の本分は勉強!ほら、教室行くよ!」

ジロー 「ダリィ・・・」










ブオンブオンゴオン ブオオオン ゴオン!!

ジロー 「あ?ウルセーな!なんだよ!?」







暴走族 「オラオラ!遊びに来てやったぜえ??!」

暴走族 「ケッヘッヘ!!片っ端からやっちまうぞコラァ!!?」

暴走族 「オラァ!!ぶっ殺しちまうぞ!?ヒャッハー!!」


ジロー 「なんだぁ?」

ナオト 「ジロー・・・あれ・・・!」




リュウイチ 「学校まるごとぶっ潰してやる!!!」

トグチ 「ククク!今日でこの学校も終わりだぜ!?」

アイガ 「ヒャッヒャッヒャッヒャ!!殺せぇ!殺せぇえ!!」




ジロー 「あ、あのヤロー!まだ懲りてねえのか!?」

マジマ 「族まで連れて来やがって・・・ゲス野郎!」




リュウイチ 「ジロー!!マジマァ!!!出てこいやああ!!」




マジマ 「・・・どうするよ?呼ばれちまってるぜ?」

ジロー 「んなもん決まってるだろーが」



ジロー 「ナオト!!赤頭!!」



ナオト 「えー? 俺もー?」










ジロー 「行くぞコラァ!!」



マジマ 「勝手に仕切ってんじゃねーよバカ!」

ナオト 「めんどくせえ・・・」



ユミ 「ちょ・・・!ジローちゃん!!」












ったく・・・ホーント、退屈させねえなあ この学校はよ!!






戻        家        おまけ





FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。