スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

受難のはじまり




ナオト 「さーて、今日の授業も無事、終了~っと」

ジロー 「さっさと帰るとするか」

ナオト 「そういやこの前言ってたもんじゃ焼き屋、昨日開店したってよ?」

ジロー 「おー、んじゃ帰りに寄ってくか!」




ユミ 「ちょっとジローちゃん!」

ジロー 「あんだよ でっけぇ声出して」

ユミ 「あんだよじゃないわよ!今週、掃除当番でしょ!」

ジロー 「あ・・・? そうだったっけ?」




ユミ 「そうだったっけ?じゃないよ!昨日もサボったでしょ!」

ナオト 「カッカッカッ んじゃま、頑張ってね、ジロー」

ユミ 「ナオちゃんも当番でしょ!」

ナオト 「え・・・」

ジロー 「カッカッカッ ナオちゃんもですってよ!」



ピンポンパンポーン


≪1年A組のジローくん 1年A組のジローくん≫

≪至急、生徒指導室までくるように≫


ピンポンパンポーン




ジロー 「あ? 生徒指導室・・・?」

ナオト 「何かやったの?」

ジロー 「いや・・・(覚えがありすぎてわからん)」



ユミ 「どうせ身に覚えがありすぎてわかんないんでしょ」

ジロー 「な・・・そ、そんなことねえよ・・・」

ユミ 「どーだか」

ジロー 「て、てめー・・・」

ナオト 「カッカッカッ」













ジロー 「指導室・・・ここか」



ジロー 「ジローっす 入りまーす」



ガラガラガラ


先生 「ああ、ジローくん、来ましたね」






ジロー 「なんすか?」

先生 「いや、まあ、座ってください」

ジロー 「はい・・・」




ジロー (なんだ・・・?この前の喧嘩か?それとも・・・)




ジロー 「あのー・・・それで、なんでしょうか」

先生 「ええ、君にお知らせしておかなければならないことがありまして」

ジロー 「お知らせ・・・?」




先生 「まずね、君、学校なめてます?」

ジロー 「・・・は?」

先生 「遅刻は常習犯、授業はサボる、この前のテストの平均点は一桁」

ジロー 「あ、いや・・・はい・・・」

先生 「授業中の早弁は日課、イビキをかいて熟睡、あげくは喧嘩」

ジロー 「・・・・・・」




ジロー 「いや、ほら、あの、色々ね、事情が・・・」

先生 「・・・・・・」


ジロー 「・・・・・・」




先生 「というワケで、君のことが職員会議で議題にあがりまして」

ジロー 「・・・」

先生 「学校側としては君に」



先生 「学生寮に入ってもらうことに決定しました」







ジロー 「・・・・・・は?」



ジロー 「あの・・・寮って、あの、住む、あの寮?」



先生 「そうです」

ジロー 「いや、でも、俺、実家暮らし」

先生 「あ、親御さんには既に許可は頂いてますから」

ジロー 「いや、あの、てか何で寮に・・・?」

先生 「規則正しい生活をすれば、更生に繋がるという体で」



ジロー 「・・・ネタ切れっすか?」

先生 「ネタ切れです」




ジロー 「それ、決定?」



先生 「ええ、決定です」



ジロー 「どうしても?」



先生 「主役、続けたいなら」


ジロー 「・・・・・・」





先生 「というワケで、話は以上です」

ジロー 「ちょ・・・もっといい方法ありますって!」



ジロー 「いや、むしろ明日からちゃんとしますから!」




ジロー 「ちょ・・・まっ・・・」




ジロー 「先生!!」














ジロー 「マジ・・・すか・・・?」







戻        家        次
 





FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。