スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰ってきた男







同日 部室裏――







L-00 (21)














「ヒャッヒャッヒャッ!」




L-01 (1)

「いやぁ あんときはホント参りましたよ」

「お前がどんくさいんだよ バーカ」




L-01 (2)

トグチ 「いやマジで。アイガさん一人で先帰っちゃうし」

アイガ 「ヒャッヒャッヒャ!俺ァちょっと用事があったんだよぉ」

トグチ 「なんスか用事って!勘弁してほしいッスよホント」



L-01 (3)

アイガ 「ヒャッヒャッヒャ!まあ終わったことは気にすんな!」

トグチ 「そういやあんとき リュウイチさんもいなかったスよね?」




L-01 (6)

リュウイチ 「フッ 俺はお前らみたいに暇人じゃねえんだよ」

トグチ 「なんスかそれ!ヒドイッスよ!」

アイガ 「ヒャッヒャッヒャ!」

トグチ 「アイガさんも言われてんスよ・・・」





L-00.jpg

リュウイチ 「まあお前らもフラフラしてねえで暇人卒業しろや」

トグチ 「そうしたいんスけどねぇ どっかにいい女でもいないかな・・・」

アイガ 「ヒャッハー!トグチィ、お前にゃ無理だぜェ!」

トグチ 「アイガさんよりはマシッスよ」

アイガ 「んだコラァ!」

トグチ 「あ!スマセンッ!つい口がスベって・・・」

アイガ 「ぶっ殺すぞテメー」

リュウイチ 「クックック・・・」







リュウイチ 「・・・さてと、」

L-00 (1)

アイガ 「あれ?リュウイチさん、もういっちまうんスか?」

リュウイチ 「言ったろ?俺はお前らみたいにヒマじゃねえんだよ」





リュウイチ 「じゃあな」

L-00 (2)

アイガ 「ウィーッス」

トグチ 「お疲れ様でーッス」







リュウイチ 「・・・お前ら」

L-00 (3)

アイガ 「ん?」

トグチ 「はい?」



リュウイチ 「・・・いや」






あんなことがあったのに、それでも俺についてきやがる・・・

こんな俺なんて見限っちまえばいいものを・・・この馬鹿共・・・




感謝してるぜ・・・・・・アイガ、トグチ・・・








リュウイチ 「・・・またな」



L-00 (4)


アイガ 「いやー、いつ見てもやっぱリュウイチさんシブいぜぇ!」

トグチ 「マジシブいッスよね!昔からずっと、俺の憧れなんスよ!」


L-00 (6)

アイガ 「ヒャッ!お前がリュウイチさんみたくなれるわけねぇだろ!」

トグチ 「ちょ、ヒドくないスか!それ!」

アイガ 「ヒャッヒャッヒャ!」









アイガ 「さーてと、俺らもそろそろ帰んべーか!」


L-00 (7)

トグチ 「ここにいてもマジでやることないスからね、俺ら」

アイガ 「マジで女でも作らねぇとやってらんねぇぜェ!」

トグチ 「くく・・・アイガさんには無理・・・」

アイガ 「このクソガキ・・・」










?? 「おー、ここにいたか 探したぜ、お前ら」




L-00 (8)


アイガ 「あ?」

トグチ 「誰?」







?? 「おいおい・・・忘れちまったのかよ、お前ら・・・」




L-00 (9)


アイガ 「・・・!!」

トグチ 「・・・ま・・・まさか・・・」





アイガ 「ヘ・・・ヘイジさん・・・!」







ヘイジ 「なんだ、覚えてんじゃねえか、久しぶりだな」

L-00 (11)


アイガ 「・・・か、帰ってきてたんスね・・・」

ヘイジ 「俺ァ模範生だからよ 予定より早く出られたぜ」

トグチ 「・・・お、お疲れ様・・・です」

ヘイジ 「はは!まあそんなに硬くなるなって」

アイガ 「・・・・・・」








ヘイジ 「ところでよ・・・」

L-00 (10)

ヘイジ 「あのクソ番長、ちゃんと潰しといただろうな?」



アイガ 「・・・・・・」



ヘイジ 「おいおい、何黙ってんだよ」



トグチ 「・・・・・・」



ヘイジ 「・・・リュウイチはどこいったよ?」

アイガ 「・・・し、知らね・・・ないです・・・」

ヘイジ 「チッ・・・あのクソガキ」



ヘイジ 「せっかく2年坊くれてやったのに 使えねえな」



アイガ 「!!テ、テメー・・・!」


L-00 (12)

アイガ 「そ、それ以上リュウイチさん悪く言うんじゃねぇ・・・!」


ヘイジ 「あ?」


トグチ 「リュ、リュウイチさんのこと悪く言ったら、ゆ、許さねえ・・・!」

L-00 (13)

ヘイジ 「あ?どうしたんだよ、お前ら、そんな足震わせてよ」



アイガ 「・・・・・・っ!」



トグチ 「ぐ・・・っ」







L-00 (15)

ヘイジ 「フッ・・・なるほどな」






ヘイジ 「それならそうと早く言えよ・・・」





L-00 (16)

ヘイジ 「この俺に・・・喧嘩売ってるんだな・・・?」



アイガ 「くぅ・・・っ!」


トグチ 「うう・・・」
















アイガ 「このクソ野郎がぁぁああああ!!」

トグチ 「うぉぉおおああああああ!!」










































L-00 (17)








L-00 (18)










L-00 (19)













戻        家        次





FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。