スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪夢の始まり



ガヤガヤ・・・



ナオト 「・・・んで?」

ジロー 「あ?」

ナオト 「昨日はどうだったのよ?」

ジロー 「ど、どうって何がだよ?」



ナオト 「・・・昨日の喫茶店のことに決まってんでしょ」

ジロー 「る、るせーな!別になんもねーよ」

ナオト 「ふーん」

ジロー 「あ、そういや・・・」



ジロー 「お前、ギンゾウとブービーって知ってっか?」

ナオト 「ああ、あのリーゼント頭とデブちんの2人でしょ?」

ジロー 「よく知ってんな アイツらってここいらで有名なのか?」

ナオト 「いや、有名かどうかは知らないけど、ウチの学校の奴だよ」

ジロー 「あ!?そ、そうなの?」




チッ!あいつらここの学校だったのか!

ユ、ユミと2人きりだったことバレちまうじゃねえか・・・



ナオト 「そいつらがどうかしたの?」

ジロー 「いや・・・昨日、俺の獲物 横取りしやがってよ」

ナオト 「は?てかジロー、ユミといたのに喧嘩したの?」

ジロー 「いや、なんか絡んでくるバカがいたからよ」

ナオト 「はあ・・・ユミも大変だな、こりゃ」



ジロー 「ぐ・・・や、やっぱりマズかった?」

ナオト 「当たり前でしょ・・・」

ジロー 「ぐぬ・・・」


ガラガラ



ユミ 「あ、マジマくん」

マジマ 「よぉ あのバカいるか?」

ユミ 「うん、あそこ」

マジマ 「おー、いたいた 悪ィな」




マジマ 「よぉ 相変わらずバカ面ぶらさげてんな」

ジロー 「るせー!今はお前に構ってる場合じゃねえんだよ!シッシッ!」

マジマ 「あ?何かあったのか?」

ナオト 「いやー実はさあ、昨日――」

ジロー 「うおおおい!!てめえ!言うんじゃねえよタコ!」

マジマ 「・・・女か?」

ナオト 「アタリー」

ジロー 「おいナオト!バラすな!赤頭も見抜いてんじゃねえよ!」

マジマ 「ま、ホントわかりやすいよな、お前」

ジロー 「るせー!ブチ殺すぞテメー!」


マジマ 「まあ、そんなことより」

ジロー 「そんなことって言うな!」



マジマ 「アイガとトグチがやられたぜ」

ジロー 「あ?」



ジロー 「どういうこったよ?」

マジマ 「俺も詳しいことは知らねえが、2人とも今 病院だ」

ジロー 「誰がやったんだよ?」

マジマ 「わからねえ が、部室裏でやられたところをみると」

ナオト 「ウチのガッコの奴?」

マジマ 「まあ、そうなるだろうな」

ジロー 「リュウイチか!?」

マジマ 「いや、アイツは違ぇな」

ジロー 「あ?じゃあ誰がやったんだよ?」

マジマ 「それは わからねえ」

ジロー 「なんだよ 結局何もわからねえじゃねえか」

マジマ 「だが・・・」



マジマ 「この前、鑑別に入ってたウチの2年が帰ってきたらしいんだ」

ジロー 「鑑別だぁ?」

マジマ 「本来は3年らしいんだが、ダブって2年に復学したらしい」

ジロー 「ってことは番長とかとタメか?」

マジマ 「ああ かなりアブないヤツらしいぜ」

ジロー 「ふーん・・・」

マジマ 「まあ、一応お前らの耳にも入れておこうと思ってな」



ガラガラ!

マサト 「ジ、ジロー・・・く・・・ん・・・」



ユミ 「キャーーーーーーー!!」

ジロー 「あ!?どうした!?」

ナオト 「マサト!?」

ジロー 「あ!?マサト!?」



マサト 「ジ、ジロー・・くん・・・ヤバ・・・い・・・」

ジロー 「しっかりしろ!どうした!?誰にやられた!?」

マサト 「ウチ・・・の・・・2ね・・・んのヤツら・・・」

ジロー 「あ!?2年だと!?」

マサト 「ヤバ・・・い・・・1年と、3年・・・み、皆殺しって・・・」



ジロー 「・・・よし、わかった、もう無理すんな」



マサト 「ヤバい・・・黒い・・・刺繍の・・・ジャケットの男・・・」

ジロー 「もういい、大丈夫だ 俺が敵討ってやるからな」



ジロー 「ユミ、悪ぃけど、マサトを保健室に連れてってやってくれ」

ユミ 「え、あ、うん わかった」

ジロー 「他に誰か手空いてるヤツいたら、手伝ってやってくれ」

クラスメイト 「お、おう、俺が担いでくよ!」 「あたしもついていくわ」

ジロー 「ああ、悪ぃな」



ジロー 「ナオトは1年の教室まわって他にもやられてねぇか見てきてくれ」

ナオト 「うん、わかった」

ジロー 「赤頭は3年を頼む」

マジマ 「ああ。お前はどうするんだ?」



ジロー 「俺は2年とこに行ってくる」



ユミ 「ジ、ジローちゃん!まさか1人で行くつもり!?」

ナオト 「待ってよジロー!2年とこなら俺も行くから!」

マジマ 「お前・・・2年まるごとっつったら50は手があるぞ?」





ジロー 「ああ、わかってんよ」


マジマ 「・・・わかった、じゃ こっちが片付いたら手伝ってやるよ」

ユミ 「ちょ・・・マジマくん!」

ナオト 「はぁ、言ったら聞かないんだもんな、ジロー」

ユミ 「ナオちゃんまで!」




ジロー 「ユミ、マサトのこと頼むぞ」

ユミ 「だって・・・」


ジロー 「頼むぞ!!」



ユミ 「は、はい!」





ジロー 「よし、行くぞ!」








どこの誰だか知らねぇが パンピーにまで手出しやがって!



許さねえ!!






戻        家        次





FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。